So-net無料ブログ作成

「恋のドレスと秘密の鏡 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 」を読みました♪ [今読んでいる本]

”ヴィクトリアン・ローズ・テーラー”シリーズ10冊目「恋のドレスと秘密の鏡 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 」を読みました♪




19世紀のイギリス。
ロンドン郊外の町にある仕立て屋「薔薇色(ローズ・カラーズ)」の女店主クリス。彼女が主人公。
クリスの仕立てるドレスは恋をかなえてくれるといううわさがあり、大評判となっていた。
作るドレスとはうらはらに、彼女は着飾ることをせず、とても内気な少女だった。

同じく薔薇色で働く裁縫はまったくできないが、経営や家事をうけもつクリスの理解者であり親友の美しい売り子のパメラ。
また、1巻目で客として出会い、それ以来何かとクリスを助ける伯爵の令息シャーロック・ハクニール。

彼らやお客様とかかわっていき、クリスはとても少しずつ、動き出していく--------------

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のお客様は公爵家令嬢コーネリア。
彼女は以前出てきたモアティエ公爵の正妻の子だ。
公爵が溺愛している愛人の子アップルの社交界デビューのためのドレスを頼まれたのだ。
しかし今回はアップルのドレスではなく、コーネリアのドレス。

初めて顔を合わせた愛人の娘と家族たち。
憎しみが渦巻くその場所で、クリスはまた”闇のドレス”に出会う-------------

一方、シャーロックの婚約者になるであろう伯爵令嬢アディルの存在を知ってから、クリスはどんどん追い詰められていた。そんなときに、闇のドレスを仕立てている母親が出現して、クリスはまた追い詰められていく。
だが、なぜかクリスは、シャーロックには一切そのことを話そうとしない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本編は深刻な展開になってきました!
クリスとシャーロックの関係も、公爵家の内情も、どっちも深刻な感じで、読んでいてハラハラな感じです。

追い詰められていっているクリスがかわいそうなので、シャーロックとのことも母親リンダ・パレスのこともなんとかしてほしいですけど(笑)

早く続きを読まなきゃです!!


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。